看護師の転職で「勝ち組」になる方法

 

看護師の転職で「勝ち組」になる方法を教えます!

どうすれば、自分の希望に合った看護師求人が見つかるの?

もっと休みが欲しい、自分の思うような看護がしたい、今までの経験を活かして病院以外の仕事をしたい。
転職は、自分の欲求や目標を実現するために行うものです。

 

ところがいざ転職してみると、求人と違う・思っていた仕事ができない・前の職場の方がよかったかも・・。
と、転職自体を後悔する人がいるのです。一方で、満足のいく転職ができた!と喜ぶ人がいます。

 

この違いはどうして生まれるのでしょうか?実は、転職に満足する人とそうでない人では、
決定的な違いがある
のです。それは、転職支援サイトを利用しているか・いないか。

 

転職支援サイトを利用している人は、そうでない人に比べて満足のいく転職ができています。
しかも、利用していない人と比べて短期間で転職に成功しているのです。

 

では、両者の転職の道のりを比較してみましょう。
転職支援サイトを利用しない場合、主な求職ツールはハローワークが主体になります。

 

求人検索自体はインターネットでいつでもできますが、応募となると受付時間内に
最寄りのハローワーク窓口へ足を運ばなくてはなりません。

 

看護師の仕事は深夜に及ぶことも多々ありますから、時間を合わせていくのは困難です。
それ以前に、看護師の求人自体が少ないという問題もあります。

 

求人が見つからない・やっと見つかったとしてもハローワークに通う時間が取れない。
この2つが、転職にかかる時間を長引かせている要因となっているのです。

 

一方、転職支援サイトを使う場合、時間を問わず求人検索ができる点はハローワークと変わりません。
決定的に違うのは、求人の量と応募の手軽さです。転職支援サイトは、時間を問わず応募ができるのです。

 

加えて求人量もけた違いに多く、全国から集めた10万近くにも及ぶ求人から検索することができます。
希望条件に一致する求人も簡単に見つかるため、転職の満足度も高くなるのです。

複数の求人サイトに登録するのが一番効率が良い!

看護師がスムーズに転職を進めるためには、転職支援サイトの利用が欠かせません。
それも、1つではなく複数のサイトを並行して利用する必要があります。

 

看護師向けの転職支援サイトは、1か所だけでも多くの情報を扱い、充実したサポートを行っています。
しかし、それも万全ではありません。必ずどこか欠点があるものです。

 

例えば求人を扱う地域。地域限定だと自分の希望と合わないこともありますし、
全国版であっても地域ごとに数の差ができてしまいます。

 

サポートに関しても、1つのサイトで行われていることが他のサイトでも行われているとは限りません。
そのサイトにしかないサポート・制度があります。

 

そしてもう一つ。コンサルタントとの相性も問題です。転職支援サイトを利用すると、担当コンサルタントが付きます。
求人探しから転職後のフォローまでを任せられる存在なのですが、時に相性が悪いこともあるでしょう。

 

自分の要求が伝わらない・態度が悪い、様々な理由から「この人とは合わない」と感じた時、
併用しているサイトがあれば、複数のサイトのコンサルタントを比べることができます。

 

コンサルティングは別のサイトにしてサポートの利用だけにする、
登録自体を解除するといった柔軟な対応も可能になるのです。

 

ただ、あまり多くのサイトに登録しすぎると、求人紹介の電話対応などが大変です。
まずは4・5か所程度を登録してみて、そこから2・3か所に絞り込みましょう

 

転職を成功させている人は、必ず2つ以上の転職支援サイトを利用しています。
登録・解約は手軽にできるので、気になるサイトがあれば積極的に登録していきましょう。

 

自分に合ったサイトを見つけ、最大限に活用することが、転職成功の秘訣です。

人気の看護師求人サイト

マイナビ看護師

マイナビ看護師の経営母体は、数多くの転職を扱ってきたマイナビです。
その看護師版が、マイナビ看護師なのです。満足度96%。

 

利用者の多くが、マイナビ看護師のコンサルティングに満足しています
マイナビ看護師の特徴は、スピーディーな対応。

 

短期間で転職することも可能で、最短で3日で
新たな求人を見つけて転職に成功した人もいます。

 

また、治験の特集を組んでいる数少ない転職支援サイトなので、
治験関係の仕事をしたい方にもお勧めです。

 

コンテンツも治験の仕事に関する紹介が充実していますから、
企業研究にも役に立つはずです。

 

これをもとに自己PRや志望動機の作成に役立ててください。

 

 

ナース人材バンク

ナース人材バンクは、転職紹介実績No1を誇る転職支援サイトです。
全国から求人を集め、利用者とのマッチングを行っています。

 

実績No1だからといって、無理やり勧誘することはありません。

 

あくまでも利用者が満足するための転職支援サービスですから、
こちらの希望を十分くんだうえで求人を紹介してくれます

 

その証拠に、ナース人材バンクを利用した多くの看護師が感謝の声を寄せています。
利用者の年代も20〜50代までと幅広く、さまざまな層から支持されていることがわかります。

 

看護師はもちろん、保健師・助産師などの関連資格求人を扱っている点もうれしいですね。
今まで希望通りの求人が見つからなくて困っていたという看護師の皆さん。

 

ナース人材バンクで希望を叶えませんか?

 

 

看護のお仕事

看護のお仕事には、高額年収の求人がそろっています

 

年収600万円、700満円といった高給求人もありますから、
年収アップを目的に転職をする方にはぴったりです。

 

職種も豊富で、雇用形態や施設形態も細かく絞り込んで
検索できるのが嬉しいところ。はっきりと希望条件を決めている人には、とても使いやすい転職支援サイトです。

 

もちろん、まだ転職にはっきりとしたイメージを抱けないという人も大丈夫。
どうやって新たな職業を選んだらいいのか、コンサルタントと相談しながら決めることができます。

 

相談しながら転職のイメージを膨らませていくということもできますから、
まずは今の段階で考えている転職のイメージを話してみてはいかがでしょうか。

 

 

ナースではたらこ

ナースではたらこは、顧客満足度第1位を誇る転職支援サイトです。
その秘密は、丁寧なコンサルティングにありました

 

利用者一人一人の希望をしっかりと聞き取り、
求人に反映させるという姿勢が、多くの利用者からの支持を集めた結果です。

 

注目すべきは、どんな時も利用者のことを第一に考えてくれる点です。
今の状況を詳しく聞き取り、仕事をつづけたほうがいいと判断した場合は、
無理に転職を進めるようなことはしません

 

一人でも多くの利用者が転職したほうが、会社の利益になるのに。

 

それをせず、本当に利用者のことを考えているからこそできる判断ではないでしょうか。
コンサルタントのサポート力で選ぶなら、ナースではたらこは屈指の実力を誇ります。

 

 

ナースフル

テレビCMでもおなじみのナースフルは、大手転職支援サイトの1つです。
運営もとは、転職でおなじみのリクルート。

 

すでに転職のノウハウをしっかりとそろえている会社ですから、
看護師の転職支援もお手の物。

 

年間100万人以上の看護師を転職に導く腕は、伊達じゃありません。
コンサルタントの質が良いことはもちろん、求人も充実しています

 

正看護師はもちろん、保健師や助産師、管理職まで。
勤務形態も夜勤ありから日勤のみまで選べますので、

 

あなたの希望に合う求人も見つけやすいでしょう。
今の仕事を続けながらでも転職活動ができるよう、コンサルタントが
しっかりとサポートをしてくれます

 

転職をしたいけど時間がない。そんな悩みを抱えているなら、
ナースフルに相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

ナースジョブ

ナースジョブは、全国の求人を扱っている転職支援サイトです。
それだけでなく、非公開求人の割合が非常に高いことも特徴です。

 

ナースジョブで紹介されている求人のうち、非公開求人が
占める割合は70%
。実に半数以上が非公開求人なのです。

 

非公開求人を利用すれば、転職活動を有利に進めることも可能です。
というのも、募集者側が求人をわざわざ非公開という形にしているのは、様々な理由があるからなのです。

 

すぐに人材が欲しい・応募者が殺到することを避けたい。
などの理由から、非公開という形で募集することにしています。

 

ここにあなたの希望やスキルが適応すれば、短期間で転職することも可能
ナースジョブを利用したら、是非非公開求人を狙ってください。

 

 

ベネッセMCM

ベネッセMCMは、看護師の求人はもちろん介護の仕事も充実しています。
看護師はもちろん、介護の仕事に興味がある方にも使いやすい転職支援サイトです。

 

求人対応エリアこそ限られていますが、
その分一つ一つの地域の求人をしっかり網羅しています。

 

求人エリアの対象になっている方は、一度どんな求人が
あるかを調べてみてください。

 

ベネッセMCMでは、利用者の一人一人に合った求人を
紹介する熱心なコンサルタントが在籍しています。

 

転職に関する希望条件、不安や悩みなど、どんなことにも
相談に乗ってもらえます。気になることがあれば、どんどん相談してみてください

 

地域密着型でどうしても情報量が少なくなってしまいますが、
そこは全国対応版と併用してカバーするとよいでしょう。